redEyesの漫画で全巻の値段を調べてみた!高いか安いかどっち?

redEyesの漫画は、ミリタリーものとしての戦争の悲惨さを躊躇せず描いているところが、作品の面白さを際立たせている要素となっていて、女性キャラクターはほとんど登場しません。

 

しかし題材の少ない近未来ミリタリー系なところと何と言ってもパワードスーツモノ!特殊装甲、外骨格マニアにはたまらない作品で、漫画に興味を持っている人も多いでしょう。

 

ただ気になるのがredEyesの漫画の値段について。いくら読みたいからといって、値段が高ければ少し敬遠してしまいますよね。そこでredEyesの値段について調べてみました!

 

果てしていくらなのか?知りたい方はこの記事を参考にしてください。また漫画を買う時に使えるサイトなども併せてご紹介します。

 

redEyesの全巻の値段は?

コミックを全巻揃えた場合の値段を調べましたので、以下にまとめてみました。1巻から25巻まですべての巻の値段をまとめてみましたのでご覧ください。

 

紙書籍 電子書籍
1巻(2000/01/14) 556円 660円
2巻(2000/09/14) 556円 660円
3巻(2001/04/17) 556円 660円
4巻(2001/11/16) 556円 660円
5巻(2002/08/08) 556円 660円
6巻(2003/03/14) 556円 660円
7巻(2003/12/16) 556円 660円
8巻(2004/08/17) 556円 660円
9巻(2005/08/17) 556円 660円
10巻(2006/07/14) 556円 660円
11巻(2007/04/17) 556円 660円
12巻(2008/02/15) 556円 660円
13巻(2009/05/15) 556円 660円
14巻(2010/04/16) 576円 660円
15巻(2011/03/17) 576円 660円
16巻(2012/03/16) 576円 660円
17巻(2012/12/17) 597円 660円
18巻(2013/12/17) 597円 660円
19巻(2014/10/17) 597円 660円
20巻(2015/11/17) 597円 660円
21巻(2016/11/17) 597円 660円
22巻(2017/11/17) 616円 660円
23巻(2018/11/16) 693円 660円
24巻(2019/11/15) 693円 660円
25巻(2021/01/15) 726円 660円

 

redEyesの漫画の値段は1巻~13巻までは紙書籍だと556円、14巻~16巻が576円、17巻~21巻が597円、22巻は616円、23巻と24巻が693円、25巻が726円となっていて、かなり値段にばらつきが見られます。

 

紙の漫画では全巻合計では14669円となり、電子書籍は一律660円となっているので、電子書籍を全巻購入すると合計16500円なりますので、電子書籍で揃える方が値段は高くなります。

 

redEyesを安い値段で購入したい時

新しいサービスが常に生まれる現代社会。本一つ購入するだけでも、色んな選択肢があるのをご存じでしょうか?今や昔ながらの紙の本だけでなく、電子書籍というものがあります。

 

電子書籍は、何といってもお買い得の物が多いです。そして、ペーパーレスで、かさばらない重たくない収納に困らないといったメリットがあります。

 

もちろん紙の本派の方には、漫画は紙じゃないと!と紙しか買わない人もいらっしゃるでしょう。ただ、そんな方にも、電子書籍の事を少し知ってもらうだけで、選択肢が増えて今後の知識に繋がるのではないでしょうか。

 

電子書籍は実は安く買える書籍でもあり、紙の本にある再販制度といった厳しい販売ルールがないということが挙げられます。その為、定価ではなく、割引価格での販売が認められているので、読み手にとっても安く本を手に入れることが出来るのです。

 

ですので、先ほどRedEyesの漫画は電子書籍の方が高いと紹介しましたが、実際サイトで購入すると電子書籍の方が安くなったりし、逆転現象が起きる可能性があります。

 

電子書籍サイトは多数ありそれぞれサービス内容が違ったり、扱っている書籍の種類や、数が違ったりといった色んな特色があり、注目はいろんなクーポンや、割引サービスがあります。

 

そこで実際に日頃より割引などを行っているサイトを挙げてみましたので、ご参考にしてみてください。

 

ebookjapanは割引に期待できるサービス

RedEyesの電子書籍を購入するなら、豊富な機能を持つ、電子書籍サイトebookjapanを考慮してみてはいかがでしょうか。運営に関連しているのはあの有名なヤフーになります。

 

とっても有名な会社ですので、安心度も高いというのも魅力的で、例えば無料漫画のボリュームなど納得でき、読み放題となっています。ちょっとしたすき間時間のお供にも使いやすいですよね。

 

他にもお得な内容盛りだくさんなのです。特に初回利用の方は「初回クーポン」がもらえます。そして他にも、お得な割引クーポンがたくさん配信されているのです。

 

中には書籍が大幅割引となるクーポンなどもあるので、かなりお宝なクーポンまで期待できる内容となっております。クーポンゲットの操作も非常に簡単なのも嬉しい所。

 

また、ヤフーの関連サービスの一つですので、電子決済のPayPayを使って支払いすることが出来ます。もちろん普通にクレジットカード決済もご利用可能です。

 

さらにYahoo!プレミアム会員の方には、嬉しい特典が続きます。会員限定のクーポンが配布されたりし、ペイペイ決済をされた方に限り毎週金曜日には、最大20%オフ。

 

週末土日には、最大15%オフになったりと、見逃せないお得な曜日限定クーポンもあります。

 

 

これを気に、Yahoo!プレミアム会員になるのもいいかもしれませんね。もちろん、会員ではない方に向けての特典もございますので、サイトをくまなくチェックしてみて下さい。相性の良い電子書籍サイトを見つけて、読書時間をより楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

じっくり試し読みがおすすめのまんが王国

電子書籍を始めるなら、まんが王国というサイトをオススメします。初めての方に嬉しい、じっくり試し読みという大人気のサービスがあり、通常の無料お試しよりずっとたくさんの増量ページを読むことが出来るのです。

 

ですので、無料で読んでみてから続きを買おうか考えたい方にとっても始めやすいサービスです。期間限定での配信となりますので、期限だけは必ず最初に調べておいた方が良いでしょう。

 

知らないと、続きを読みたくても配信が終わっている可能性があるからです。ガックリしない為にも、是非最初にチェックしておいて下さい。また漫画を購入の際は、ポイントを使った購入となります。

 

ちなみに購入方法はその都度買える購入方法と、月額購入コースから選ぶことが出来ます。定期的に漫画を買いたいと思っている方にオススメは、月額購入コースです。

 

毎月割引クーポンがもらえたり、来店ポイントがいつでも二倍になるサービス、ポイントバッククーポンがあったりと、お得な特典が満載だからです。

 

ポイントの購入金額に合わせて、ポイントバック率もアップします。例えば、1000ポイント購入コースで、50ポイント還元。お支払方法によっても還元率が変わり、クレジットカード払いだと150ポイントとかなり高還元となります。

 

有名なDMMは電子書籍サービスも必見!

テレビCMでよく聞く、DMM.comのフレーズ。皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?多方面に渡り、さまざまなサービスを展開している会社です。

 

DMMでもDMMブックスという電子書籍サービスがあります。他の電子書籍サイトと比べても違和感などがない内容で、コミックから文芸、小説など豊富なラインナップが人気です。

 

DMMを使うここだけで、ほぼ必要な本が揃うので、手間いらずでとっても便利なサービスだと言えます。さらに、DMMブックスには破格のキャンペーンがよく開催されます。

 

中には、最大60%ポイント還元や、ほぼすべて50%ポイント還元といった、ネットをざわつかせるほどの威力を発揮するキャンペーンがあり、ポイントがみるみるうちに貯まっていきます。

 

その貯まったポイントで、次回漫画や雑誌を購入したり、DMMの他のサービスへ活用することも出来ます。初回限定のキャンペーンは、心躍るものが多く、2021年3月後半のキャンペーンでは初回の方のみ限定で最大100冊がなんと70%オフになっておりました。

 

70%オフですよ?破格すぎませんか?100冊もあれば、読書家の方でも、読み切るのに相当時間がかかると思いますので、一年分買ったとしたらだいぶお買い得になります。

 

こういったキャンペーンはアプリの通知でもれなくお知らせしてくれますので、たくさん活用して最大限お得に本を買って楽しむ時間に生かしてくださいね。

 

ハイブリッド型のサイトと言えばhonto

ハイブリッド型総合書店と名高いhonto。大日本印刷株式会社が運営しているサービスで、紙の本と電子書籍の両方を扱うあまり見かけないようなサービスになります。

 

大手書店の丸善、ジュンク堂などとも連携しており、hontoは幅広い世代に活用されています。ハイブリッド型と言われるほど、豊富な書籍を取り揃え、一つのサイトですべて完結出来ます。

 

急に必要になった場合でもすぐに使うことが出来て役に立ちます。特徴的な機能として、ブックツリーというものがあります。これは、サイトを通じて本を購入した場合、次回からオススメの本を紹介してくれたりする機能です。

 

サイト側がテーマを設定し、独自の視点でオススメの本をお知らせしてくれたりします。プロの選書に触れる事で、自分の好みとはまた違った新たな世界の発見や、新しい書籍にはまるきっかけになるかもしれません。

 

また、随時お得なキャンペーンが、期間限定で開催されているので、見逃さずぜひ活用してみて下さいね。無料で配信される物があったり、対象の商品が最大半額になったりまとめて購入するとお買い得になったり、盛りだくさんな内容です。

 

安く購入できるクーポンだけでなく、ポイントの倍率がアップするお得なイベントもあります。日によっても内容は、変化しますので、毎回ログインされた時に、マイページからチェックして今日の自分に合ったクーポンを選び使っていきましょう。

 

紙書籍で値段が気になる方は古本がおすすめ

電子書籍にはない紙の本の良さ。実際手に取る事で、紙の質感を手から感じることが出来たり、ページをめくる度に湧き上がるわくわくドキドキ感があります。

 

そして分の本棚に増えていくコレクションをインテリアに加える満足感など、人それぞれの形ある本に対する愛着は人生を豊かなものにしてくれています。

 

電子書籍化が進んでいるとはいえまだまだ紙の本派も根強く存在していますが、紙の本の新品は、定価販売という規則のもと取り扱われている為、いつでも定価購入となります。

 

その分、金額的負担が多く生じます。何冊もの欲しい本をそろえようと思うと、痛い出費に繋がります。半面、古本だとそういった規則がない為、定価より安く購入することが可能です。

 

中には、定価の95%OFFのような、ほとんどただのような値段で買うことも出来るのでかなりお買い得です。しかも今は、わざわざ古本屋さんに足を運ばなくても、お家で簡単に古本を購入できるサービスがあるのでとってもラクチンです。

 

例えば「ネットオフ」は、古本のオンラインサービスがあり、インターネット環境さえあれば簡単に、古本を購入出来ます。お家で、欲しい本を検索したり、在庫確認も可能なので、店舗に行く手間が一気に省略できます。

 

今流行りの時短ですね。シリーズのまとめ買いをすると、送料無料の特典を受けられたりもするので購入費を抑えて、より多くの本を楽しむ事が出来ます。

 

古本を購入する時は良く考えてから買う

皆さんが本を買う時は、新品派ですか?それとも古本派ですか?どちらにも良い点、悪い点があります。新品の本の場合、まず最初に自分が読めるということ。

 

そして、衛生的にもとても綺麗であるということが代表的メリットとして挙げられます。その点、金銭面に負担が生じます。どうしても新品の場合は、定価での購入となりますので、古本に比べて高いお買い物になります。

 

一方、古本の場合、新品に比べてかなり割安で購入することが出来ます。ですので、浮いたお金で複数冊漫画を買うことも出来ます。ただどうしても、使用感、シミ、汚れなどがある事が多いです。

 

以前の持ち主の方の、使い方によってもだいぶ本の状態は左右されます。対策として、例えば、飲み物をこぼしたシミや、汚れなどは、販売店がクリーニングをしてなるべく綺麗な状態にします。

 

本の保管時にも要注意が必要で、紙が日焼けを起こすと長時間紫外線を浴びたことが原因となり、茶色くなってしまいます。ですので、保管する時は、紫外線が当たらない場所に保管するよう心がけると、綺麗な本を長く楽しめる事になります。

 

人それぞれ本に関する価値観は違うので、良い点、悪い点を比較したうえで自分にあった本を選んでみましょう。

 

漫画「RedEyes」のあらすじ

特殊強襲装甲パワードスーツを武器に、二国家間の戦争を描くSFミリタリー作品がredEyesです。

 

戦争終結後、レギウム国防軍・陸軍特殊部隊ジャッカル隊長である主人公・グラハルト・ミルズは部下であるユリアン・クレイズに謀反の濡れ衣を着せられ投獄されてしまう。

 

死刑判決を受けたミルズは、ユリアンへの復讐を決意し、護送中逃亡を図り、完全孤立の状況下、ミルズはたった一人の戦争を始めるのだった。

 

RedEyesの漫画を読んだ感想

漫画としては好みが分かれる作品と感じました。絵柄やアクションシーンの描写がかなりクセがあり見にくかったり伝わりにくい描写の多い漫画です。

 

しかし、それを差し引いても、ミリタリー好き、パワードスーツマニアは読むべき作品です。命のやり取りを飾ることなく表現し、復讐という決して救われない物語をストレートに描く本作品は、間違いなく名作です。

 

作者の神堂潤先生による世界設定の練り込み具合がぶっ飛んでおりSAAの設定だけでもとんでもないことに。

 

世界設定も何故戦争がパワードスーツによる白兵戦が主力なのか等、恐ろしい練り込みをしており神堂潤先生の変態性を楽しめる漫画になっています。

 

ただ、作者及び作品自体が不出世、不遇の扱いを受けており、あまりにも認知度が低いところが残念でなりません。もし、SFミリタリー好きな方で本作品をまだ読まれてない方は、ぜひ読んで頂きたい作品です。

 

ちなみに最近同名のドラマが放送されましたが、本作品とは一切関係ありません。

error: Content is protected !!