漫画セブンシーズ全巻の値段を調査した結果!安く単行本を買う方法も解説

少し前に連載していたセブンシーズという漫画。両極端の2チームの若者たちが、それぞれ悩み葛藤しながら成長していくところが読みごたえがある漫画です。

 

仲間たちとともに、未来どんな大人に成長していくのか、読み終わっても未来を想像できるところが良く出来ていて、今でもついつい読みたくなるような内容が魅力的です。

 

そんなセブンシーズですが、単行本を揃えるといくらになるのか知りたいと思いませんか?そこでセブンシーズの値段について最終巻まで調査してみました!

 

セブンシーズの全巻の値段はこんな感じ

コミックを全巻揃えた場合の値段を調べましたので、以下にまとめてみました。1巻から35巻まですべての巻の値段をまとめてみましたのでご覧ください。

 

紙書籍 電子書籍
1巻(2002/03/26) 499円 462円
2巻(2002/09/26) 499円 462円
3巻(2003/03/26) 499円 462円
4巻(2004/01/26) 499円 462円
5巻(2004/08/26) 499円 462円
6巻(2005/05/26) 499円 462円
7巻(2005/11/25) 499円 462円
8巻(2006/04/26) 499円 462円
9巻(2006/09/26) 499円 462円
10巻(2007/03/26) 499円 462円
11巻(2010/09/29) 499円 462円
12巻(2008/01/25) 499円 462円
13巻(2008/07/10) 499円 462円
14巻(2009/01/09) 499円 462円
15巻(2009/04/10) 499円 462円
16巻(2009/09/10) 499円 462円
17巻(2010/02/10) 499円 462円
18巻(2010/08/10) 499円 462円
19巻(2011/02/10) 499円 462円
20巻(2011/07/08) 499円 462円
21巻(2011/12/09) 499円 462円
22巻(2012/06/08) 499円 462円
23巻(2012/11/09) 499円 462円
24巻(2013/03/08) 499円 462円
25巻(2013/07/10) 499円 462円
26巻(2014/01/10) 499円 462円
27巻(2014/07/10) 499円 462円
28巻(2014/12/10) 499円 462円
29巻(2015/05/08) 499円 462円
30巻(2015/10/09) 499円 462円
31巻(2016/03/10) 499円 462円
32巻(2016/08/10) 499円 462円
33巻(2017/01/10) 499円 462円
34巻(2017/06/09) 499円 462円
35巻(2017/08/10) 499円 462円

 

セブンシーズの漫画の値段は1巻~35巻まで紙書籍だと499円になっているので、合計で17465円となります。それに対して電子書籍は約7%ほど安い相場です。

 

電子書籍の場合は1巻~35巻までは462円となっているので、合計で16170円。そうなると電子書籍の方が安いという結果となりました。

 

セブンシーズを安い値段で購入できる?

漫画を安く買いたいけど何か方法はないのかな?と思っている方は多いでしょう。普通のお店ではチラシなどで割引セールをしているのに、本屋ではしていない。

 

これは何故でしょう?理由は漫画など書籍は再販売価格維持制度という規制が適用されているからです。これは定価販売をしなければならないことになっています。

 

なので紙の漫画においては、定価で買うしか方法はありません。ところが「電子書籍」はこの制度が関係していませんので「漫画を安く買える」ということになります。

 

電子書籍サイトは、ご覧になっている方も多いでしょうが、キャンペーンなどによる割引が実施されています。例えば巻数限定で半額キャンペーンが行われていたりします。

 

そんな電子書籍を販売しているサイトは現在では多くなっており、サイトごとに特色があり、無料の漫画から半額など割引クーポンの配布方法もそれぞれ工夫がされています。

 

そこで漫画を安く買う方法として、電子書籍のサイトで「クーポン」を利用するのがおすすめ。タイミングによって配布しているクーポンなど異なりますので、まずは色々なサイトを調べてみるところから始めるといいでしょう。

 

以下に、クーポンや割引などお得に電子書籍を買えるサイトをご紹介してみましたので、参考にしてください。

 

ebookjapanの初回ログイン半額クーポンを活用

多くの漫画好きの方は電子書籍を楽しんでいますが、セブンシーズの電子書籍を購入したいのなら、中でもペイペイの利用が可能なebookjapanをお勧めします。

 

まずは充実しているクーポンやお得なキャンペーンについてebookjapanの特筆すべきポイントをご紹介します。第一に素晴らしいクーポンについての紹介です。

 

初めてログイン(サイトの利用)した方だけに、サイト上の漫画や本を50%割引で提供するクーポンがプレゼントされます。有効期間内に6回までご利用いただけるうれしいサービスです。

 

次はYahoo!プレミアム会員限定で提供されるサービスです。 PayPayの残高で商品を購入した場合、金曜日だとMAXで20%のポイント還元があります。また土曜日と日曜日にはポイント還元のクーポンが利用できます。

 

 

また、毎日抽選できるくじも期間限定で利用できます。そしてさらに人気漫画のプレゼントといったサービスもありますので、お探しの漫画が対象商品である場合はぜひ試しください。

 

さらに期間限定で対象マンガ1巻無料などのキャンペーンもありました。これらのキャンペーンは次々とサイトに掲載されますのでお見逃しなく。

 

まんが王国はポイント還元率が魅力!安い値段で全巻揃える場合におすすめ

電子書籍サイトには様々なものがあり、どのサイトも割引など還元率の高いシステムがあります。そういったたくさんある電子書籍サイトの中で、特におすすめなのがまんが王国です。

 

それではお勧めする理由をご紹介します。まず紹介したいのが「ポイント」です。実はまんが王国はこのポイントを購入してマンガを買うように作られています。

 

そしてポイントの入手方法は二つあります。一つは月額コースでもう一つが追加ポイントとなります。月額コースは毎月決まったポイントが与えられるシステムです。

 

価格によっては大きなボーナスポイントがもらえます。月額のポイント購入料金が大きいほどボーナスポイントもたくさんもらえるので、たくさんの漫画を買いたい人に最適です。

 

好きなときにだけ漫画を購入したい方には、ポイントを毎回追加で購入する方がよいかと思います。このポイント追加購入方式を使うと、楽天ペイやラインペイなどのスマホでの支払いも利用できます。

 

次にまんが王国の独自のサービスを紹介します。ほとんどの漫画は1巻ごとの単位で販売されていますが、まんが王国では1話単位でも販売されています。

 

さらにお勧めする理由の一つとして、まんが王国には無料漫画が大量にあることがあります。新作や大人向け漫画を含む3000以上の漫画を無料で読めます。

 

ただし無料とは言え期間限定ですのでご注意ください。キャンペーン期間をうまく使って少しでも安い価格で好きな漫画読みましょう。

 

お得なキャンペーンが魅力!DMMブックス

DMMはさまざまな事業を行っている会社ですが実は電子書籍サイトも営んでいます。 DMMブックスという名のサイトですがキャンペーンも人気があり多くの人がご存知です。

 

他のサイトとは異なりDMMのキャンペーンは非常にびっくりします。参考として今まで実施されたものについてご紹介します。まず以前に非常に大幅割引ともいえる70%割引のキャンペーンを実施していました。

 

この規模のキャンペーンを行っているサイトは他にありません。また電子書籍の販売コーナーでは、最大40%OFF、50%OFFなど、ユーザー満足度の高い漫画を多数販売しています。

 

その安さでは赤字になるのでは?と思えるほどのサービスは、DMMブックスに独自のもだと思います。一部の漫画は常に割引されているので毎日チェックすることをお勧めします。

 

様々な種類の漫画を読みたいと思っているからにぜひ使っていただきたいです。またDMMブックスに関するいろいろな情報をできるだけ早く入手したい場合は、Android専用アプリの使用をお勧めします。

 

アプリを駆使することによっていち早くキャンペーンの通知を受け取ることができるので大変便利です。クーポンの情報をいち早く入手していろんな種類の漫画を思いきり楽しんでください。

 

紙書籍も販売しているhontoネットストア

hontoは電子書籍紙と紙の書籍の両方を購入できるように大手書店と提携しているサイトです。電子書籍も紙の書籍も両方が好きな人にはhontoをお勧めします。

 

試し読みできる紙の書籍や電子書籍の漫画がたくさんあります。興味のある漫画の内容がどうなっているか少し読みたいときや、購入する前に内容を読みたいときにも利用できます。

 

さらにこのサイトでは漫画のほか、あらゆる書籍まで販売しています。漫画以外にも、仕事に役立つ電子書籍や紙の本が欲しい場合に対応できるように紙の本も販売しているのがうれしいポイントです。

 

本を買う際には読者の感想を確認するのも便利です。 口コミでどの程度評価されているのか確認できるので次に買う本の参考になります。またこのサイトで電子書籍を読む場合、電子書籍リーダー端末はいりません。

 

普通にスマートフォンを使って電子書籍が読めます。自宅でも外出した先でも、いつも使っている端末で漫画を読むことができるので、電子書籍を初めて使用する人でもすぐに使い方を理解して読むことができます。

 

またhontoではホームページに本棚機能というものがあります。この機能はサイトで買った電子書籍をまとめて管理することができるので、漫画を読みたくなった時にお目当ての本をすばやく読むことができます。

 

hontoを使って電子書籍や紙の本の両方を快適に読みましょう。

 

紙書籍を安く買いたい場合はフリマアプリ!

漫画を少しでも低価格で購入したいのなら、電子書籍や古本サイト以外にフリマアプリをつかうという手段があります。そしてフリマアプリの中でもペイペイフリマが最もお勧めです。

 

こちらのフリマはヤフーの関連サービスとして知っている方も多く、多くの方が聞いた覚えがあると思います。ぺイペイフリマを推奨する理由がいくつかあります。第一に多くのユーザーが利用していることです。

 

大勢のユーザーが利用しているのでそれだけ信頼性が高く利用するにも安心です。日々さまざまな商品を大勢の方が販売しているので、いろいろな商品が見つかります。こういったアプリは利用して損はありません。

 

次は最安値で漫画を入手できる機会があることです。新品の紙の漫画は再販制度のせいで安くはならないのですが、ペイペイフリマを使うと定価より安く買える可能性があります。

 

もちろん安く買える理由は中古の書籍だからです。そして次の理由はペイペイフリマではクーポンが非常に多いことです。配布するクーポンが多ければ多いほど、お気に入りのマンガを低価格で購入しやすくなります。

 

欲しい漫画がない場合はしばらく待つのがお勧めです。そうすればしばらくたった後、欲しい漫画を売りに出す人が出てくるかもしれません。何度かチェックすることが欲しい漫画を見つけるコツです。

 

フリマアプリで古本を手に入れる際の注意点

安く買える漫画が欲しいと思っている方には古本が最適で、先ほども紹介しましたがペイペイフリマのようなフリマアプリを使うと安く入手できる場合があります。

 

ただし安い分いくつかの点で注意点が必要です。注意点、つまり妥協しないといけない部分とは、つまり古本がある程度汚れている可能性があるということです。

 

中古の書籍は基本的にこれまで使用されていたものなのである程度汚れています。これはどうしようもありません。もちろんきれいなものもありますがほとんどは少し汚れています。

 

汚れの原因の一つは紙の変色です。大体の場合それは時間の経過による劣化が原因と思われます。たとえば室内にただ置いておくだけでも変色してしまうこともあります。

 

特に日光が直接当たるような場所では本の表紙なども色あせします。また古本ということでページに落書きがあったりします。子供用の漫画などは特にその傾向が強いです。

 

そして最悪の場合ページが何枚か破れていたりします。これらは古本では避けられないことなのです。こういったことが気になる場合は、古本はやめておいた方がよいと思います。

 

古本のこういった不利な点が気になる方は電子書籍を選ぶと良いでしょう。電子書籍はデータなので汚れや破れなどはありません。ただし電子書籍ですのでスマートフォン自体が汚れることはあります。

 

漫画「セブンシーズ」のあらすじ

セブンシーズは最初、巨大隕石が地球に衝突することが分かったところから始まります。政府は選りすぐりの様々な才能を持った若者たちを7つのチームに分けて保存することにした。

 

その中で夏のBチームと名付けられた落ちこぼれ組のチームを中心に、各チームの人間模様や生と死と隣り合わせの中で成長していく若者たちを描いた物語。

 

恵まれた中で育ってきた若者が突如何もないところに放り出され自らの知恵と仲間との助け合いにより、未来は自分たちで創造していくのである。

 

セブンシーズの漫画を読んだ感想

セブンシーズには夏のチームだけAチームとBチームがある。Aチームは生まれた時から未来に行くための英才教育を受けながら育っていった若者たち。

 

Bチームは生きにくさを感じながら社会の中で落ちこぼれの烙印を押されつつ生活し、未来に行くことも知らされないまま突然未来に放り出された若者たち。

 

これを読むと今日を精一杯生きなければと思う。花のように強くないが、ナツのように注意深くもないが、自分にも何か得てしているものがあるかもしれないと思わせてくれた。

 

未来に行きたいとは思わないが、自分の未来を自分の手で作りながら生きていく生き方にあこがれもする。毎日同じように仕事をし、淡々と家事をこなし一週間を機械のようにこなしている今。

 

もう少し濃密な一日を過ごしたいものだな。ただ、生と死をかけての毎日はいただけないが。

error: Content is protected !!